Goodニュースとサクッとプラスのネット副業やってみた結果!詐欺ではなかった!

Goodニュースとサクッとプラスのネット副業やってみた結果!詐欺ではなかった!

世界の基軸通貨も視野に!仮想通貨の明るい展望

time 2022/02/21

2017年後半から2018年初頭にかけての仮想通貨相場の急騰については、記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。
ビットコインやイーサリアム、リップルなどの代表的な銘柄を筆頭に、モナコインやベーシックアテンショントークン、ステラルーメンなどに至るまで多くの人が仮想通貨の存在を知ることになりました。FXや株式投資などのように、特別な知識や教養がなくても取引ができることから、短時間の間に認知度をあげることになりました。インターネット社会の台頭を追い風に進んできたのも仮想通貨の特徴といえるでしょう。自宅のパソコンはもとより、スマホやタブレットがあれば、外出先でも容易に売買可能です。

FXや株式投資で勝ち続けるのが難しい理由には、「チャートの動きを予想するのが困難」ということが挙げられます。
FXならば各国為替相場の動向であり、株式投資なら各企業の業績動向などを推移する必要があります。いずれも、経済アナリストやエコノミストなどの専門家でも難しい内容であり、当然ながら素人には至難の業といえるのではないでしょうか。

このような事情もあり、仮想通貨の投資スタートには二の足を踏む人も少なくありません。LINEやTwitter、YouTubeなどに投稿される内容のなかには、自らの投資成績や投資戦略を題材にしたものが多く見られるようになってきました。とりわけ、ビットコインを筆頭に仮想通貨への投資行動が活発化しているといえるでしょう。副業や兼業としての位置付けで、仮想通貨にチャレンジする人も少なくありません。

情報化社会を迎えた現代では、米国や日本、ヨーロッパ諸国などの先進国以外にも、仮想通貨に関する諸々の情報は波及しており、関心が高くなっています。

特に発展途上国や新興国と呼ばれる国々への浸透度合いの高さは際立っています。
これらの国々に共通しているのが、経済の脆弱さや国際競争力の低さではないでしょうか。これまでの歴史でも、極端なインフレや貨幣価値の暴落などにより、経済がたち行かなくなる事態が度々起こっています。

米国との激しい覇権争いをする中国では、最高指導者の習近平国家主席の指示の下、仮想通貨の全面的取引停止の措置がとられています。これも、ビットコインをはじめとした仮想通貨の取引量が増えることへの警戒感の表れではないでしょうか。しかしながら、それは仮想通貨の存在感が無視できなくなったことの象徴的出来事とも言えます。